社宅?単身寮?住居はどうする?

転勤の辞令が出て単身赴任することを決断したら、まず考えなきゃいけないのが住居のことです。寝泊りするところが定まらなければ何の準備もできないですからね~

単身赴任の住居を選ぶ際に、まず考えるのは会社の単身寮・社宅に住むのか、自分でアパートやマンションを借りるのかという2択です。

それぞれ一長一短なので、まずは特徴を見ていきましょう!

会社の単身寮・社宅に住む

会社に単身赴任者用の寮や社宅がある場合がこちらです。
(借り上げで対応してくれる場合の特徴は自分で部屋を借りるのと近いかと)

こちらの良いところは、おおむね会社にお任せでいいということですね。
立地や部屋を選ぶ必要もないですし(というより、選択の余地がない)、入居に関する手続きも会社に申請さえすれば大丈夫。

敷金や礼金など入居に関する費用もかからないし、家賃についても格安な場合が多いと思いますのでコスト的にも有利です。また、会社が保有する単身寮の場合、食事などの賄がついていることも期待できます。

単身赴任者にとっての一番の負担は毎日の食事の準備といわれているので、これは見逃せないメリットです。

一方デメリットは、昼も夜も会社の人と一緒で・・・ということでしょうか(汗)
会社大好きで家に帰ってからも会社の人たちと触れ合いたいという方はいいですが、プライベートな時間を大事にしたいという場合にはちょっと気が休まらないかも?

また、会社によっては立地が不便だったりすることもあるので、お金の問題だけで割り切れないものがありますね。

アパートやマンションを借りる

会社が単身赴任者寮や社宅を用意してくれない場合や、そういった場所に住みたくない場合は自分でアパートやマンションを捜すことになります。

メリットは社宅に住む場合と逆で、家に帰ればプライバシーが保護され心安らかに暮らすことができます(笑)

また、自分で借りれば好きな場所にすむことができるので、釣りが好きなら川や海の近くとか、自転車乗りならサイクリングロードの近くとか、微妙に寂しい単身赴任生活に楽しさをプラスする事が可能です。

会社によっては自分で借りたアパートを借り上げ社宅扱いにしてくれるところもあるので、この制度を利用すれば安く好きな場所にすむことができます。

デメリットは、家事すべてを自分でやらなければいかないことでしょうか。
特に食事の準備は単身赴任者にとってかなりの負担となる部分なので、初めての一人暮らしとかだと大変かもしれません。

どちらが良いのか?

選択の余地がある場合、結局どちらが良いのか?と悩ましいですが、個人の状況によって選ぶしかありません。

ちなみに、僕は「食事の用意をするのが面倒」という理由で単身赴任者寮に住むことにしました(笑)

コメント入力欄

この記事に関するコメント、追加情報を教えてください