落語家と行くなにわ探検クルーズに参加してみたよ

水の都大阪。
大阪の中心部は大川・道頓堀・木津川・東横堀川で囲まれ、普段暮らしていると気がつかないけれど、水路との関わりが深い街なんですよね~。

と、そんな水路の街大阪をクルーズして楽しんじゃおうというイベントが「落語家と行くなにわ探検クルーズ」。水路クルーズは他にも幾つかあるのですが、こちらはその名の通り、落語家さんが一緒に乗船して、水路にまつわるエピソードを面白おかしく語っちゃうという実に大阪らしいツアー。

水に都・大阪の昔と今と未来をむすぶ、歴史めぐり、橋めぐりへとスタート!

乗船場所はJR難波駅の近くにある湊町リバープレイス。今日は広場でフリーマーケットが開催中~

こちらがクルーズに使う船。
橋の桁下が低い大阪の水路をクルーズするための秘密機能が満載!

船内は指定席になっています。
事前に乗船受付をする際に席が決まるようなので、希望の席がある場合はその時に伝えるのがよいかと思われます。

出港してしばらくすると見えてくるのが道頓堀川水門。

なんとここパナマ運河などと同じ閘門になっていて水位の異なる道頓堀川と木津川の間を船で移動できる仕組みになっているんですよ~。

船が入ると前後のゲートが閉まって、閘門内に水が注水されます。
これで閘門内の水位を上げて木津川に出るという仕組み

この手の閘門、いつか行ってみたいと思っていたのでこの機会にこれてラッキー♪

さて、木津川に出た落語家と行くなにわ探検クルーズですが、ここでこの船の秘密機能が明らかになります。

大阪の水路に架かる橋はどこも桁下が低く(地盤沈下のせいで下がってしまったのだとか)、普通の船では通り抜けるのもままなりません。どこでクルーズ船に搭載されたのが、船の高さを変えるスペシャルな機能!

なんと必要に応じて船室が上下するのですが、ちょっと言葉で伝えるのは無理っぽい。メカ好きな人なら感動すると思うので、機会があれば落語家と行くなにわ探検クルーズに参加してみてくださいませ~

こんな低い橋でもへっちゃら♪

最初の頃の写真と比べて視点が水面ギリギリになっているのが分かりますか?

あ、そうそう。大事な落語家さん(笑)
結構マニアックなネタも多くて面白いですよ~

橋の名前を忘れてしまいましたが、こちらがもっとも桁下が低いらしい。
橋の下から天井を見上げるとホントに船がこすった跡があるのが怖い~

運河から見る大阪市中央公会堂。
陸地から見るのとは雰囲気が違いますね~

途中ちょっとだけ屋根がオープンになるのですがこれがかなり気持ちいい!
ずっと開けっ放しにしておけばいいのに~

最後は再び道頓堀に戻って・・・

有名なグリコの看板を真下から眺めて終了~

乗船料金は2,500円
船内ではアルコールを含むドリンクやお弁当が買えるほか、飲み放題券(1,000円)なんていうデンジャラスに酔っぱらいそうなものも売ってるのでクルーズしつつ飲んだくれたい人にもピッタリです(笑)

コメント入力欄

この記事に関するコメント、追加情報を教えてください






リンク集

いろいろリンク集