タイ航空ってどうなの?

今回のインド出張はタイ(バンコク)乗換のタイ航空を利用します。
まずは関空を出発しバンコクのスワンナプーム国際空港まで6時間45分のフライト(実際には50分早く着いたんだけど)

関空→バンコク(スワンナプーム国際空港)

機種はボーイング777
今日のフライトは満席。

満席で外人ばっかりだったら空間的にキツイよな~と思っていたのですが、機内は思いのほか日本人ばかり。みんな遊びにいくのかなぁ、いいなぁ。

タイ航空は飛行機自体はキレイなんですが設備が貧弱です。

シートごとのモニターとかは付いてなくて、ビデオ放送は正面の大型スクリーンのみ。あと、音楽は10ch位あったような。

特筆すべきは今回僕の席付近を担当してくれたスチュワーデスさんが超美人だったことです(笑)

いや驚いた、ホントに。

シート間隔はわりと広めな感じで窮屈感は感じませんでした。
これは初めからシート自体がリクライニング気味になっているおかげで前の方が席を倒さなかったせいではないかと思います。なかなかいいアイディア。

テーブルの上にパソコンを広げてギリギリ使える感じかな~

機内サービスは、離陸後すぐにドリンクとおつまみ。そしてお昼をはさむ時間帯だったので昼食、と、着陸直前にアイスクリームが出ました。

ドリンクはアルコール類も含めて全て飲み放題らしく、思わず「ビール!」と行きそうになりましたが今回は出張なので自重しますw

昼食はチキンとポークカレーの2種類から選択可能
僕はこれからインドでカレー漬けになることを想定しチキンを選んだのですが、和風っぽい味付けでなかなか美味しかったです。

ついでにトイレw
可もなく不可もなくですがキレイなので安心

バンコクのスワンナプーム国際空港でトランジット3.5時間

もともとトランジットが2時間半もあったのに飛行機が50分早く到着してバンコクで3.5時間の乗り換え待ちに・・・

じつに中途半端な時間ですが、ラッキーなことに同行している方がスターアライアンスのゴールドメンバー(なんかいっぱい飛行機のらないとなれないらしい)だったため、無料でタイ航空のラウンジ「ロイヤルシルククラスラウンジ」に入ることができました♪

日本の「六甲」とは違って広々としたラウンジにゆったりとした椅子が!
ドリンクはアルコールも含めて飲み放題だし、様々な軽食もあるし、インターネットも無料で通じるし、電源も使える(日本形式でOK)

すばらしい。
軽食コーナーにあった肉まんが美味しかったw

3時間くらいなら、個々で十分快適に過ごせる
が、一人だったら(ゴールドメンバーではないため)入れないので搭乗口で寂しく過ごすことになるのか・・・

この記事へのコメント(2件) |コメント入力欄へ

海外出張、緊張の中 少しでも気を抜いて満喫してきて下さい

航空機のトイレや食事のカートって日本デザインらしいですよ?

>ちか太郎さん
へー、アレって日本デザインなんですね!
どうりで、トイレとかあまり違和感がないと思った(笑)

コメント入力欄

この記事に関するコメント、追加情報を教えてください






リンク集

いろいろリンク集