オーランガバードからアジャンターの石窟寺院方面へ

昨日は夜中にムンバイについてホテルの中だけ見て寝てしまったので、インドの風景的なものはほとんど見ることができませんでした。今日はムンバイの様子を~と行きたいところですが残念ながらすぐ飛行機に乗って別の場所へ移動です(汗)

向かうはアジャンターの石窟寺院へアプローチする空港として知られるオーランガバード(アウランガバード)。インドにはたくさんの世界遺産がありますが、その中でも2千年以上前に描かれたが壁画で有名なのがアジャンターの石窟寺院なのです。

んで、ムンバイからオーランガバード(アウランガバード)へはインドの航空会社「JET AIRWAYS」に乗っていきます。

朝6時だってのに空港は人でいっぱい!
ほんとインドはどこに行っても人が多いですよ。

インドの国内線に乗る際の注意点。
チェックインカウンターで手荷物検査時にハンコを押してもらうタグをきちんともらっていきましょう。コレを忘れると手荷物検査場で面倒なことになるのですが、カウンターは不親切なので渡してくれません(汗)

結局、ほとんど景色を眺めることなくムンバイを出発したのですが、幸いにも席が窓側だったので空からの景色だけパチリ。

45分のフライトでオーランガバードに到着

オーランガバードは小さな地方空港で周りには大きな建物とかはありません。
ここからはアジャンターの方へ取引先の車で移動になるので車窓から眺めたインドの農村風景を紹介します。

いや~、こういう海外って初めて来ました(汗)
失礼ながら廃墟?と思ってしまうような家が並び、その周りに人がウジャっといる感じでしょうか。ものすごく雑多でものすごくアバウトな・・・

そしてなにより凄いのが車の運転!
ものすごいスピードで走りながらクラクションを鳴らしまくりガンガン追い抜きをかける。対向車が来てもお構いなしだぜ!って感じ。まー、よくこんなんで事故にならないもんだと感心しますが無事に目的地についてよかった(笑)

なんというか人の命が安いんだろうな、と思う。

車もたくさん走ってるけど、それ以上に多いのがバイクとオートリクシャーというインドの乗り物。面白そうなので一度乗ってみたかったのですが、残念ながらその機会はなかった。

街道沿いの所々に街があり、それ以外は見渡す限りの畑。サトウキビや綿花などが作られており、そういえば収穫した綿花を大量に積んだトラックがたくさん走ってたなぁ。

噂には聞いていたのですが、インドには牛と犬が多い。
牛車とか普通に走ってるし、街中には犬もたくさんいる。でも、そういえば猫はほとんど見なかった?

この人達は一体何をしているのか?
気になって仕方ないのですが、とにかく街には人がたくさんいます。このあたりは田舎の農村なのですが、それでもこんなに人がたくさん!

ちなみに信号とかはないので、この人ごみの中をクラクションを鳴らしまくりながら掻き分けるように車で走り抜けるのですよ・・・

そのせいでインドの車のクラクションはよく故障するんだとかw

でまぁ、なんとか無事に目的地につきました。
ここからはお仕事!

コメント入力欄

この記事に関するコメント、追加情報を教えてください






リンク集

いろいろリンク集